Safety Tips For Women: Here is How You Can Protect Yourself in Every Situation

Safety Tips For Women: Here is How You Can Protect Yourself in Every Situation

AT HOME

 

– Look for potential weak points in your home security. All doors should be fitted with security gates, and windows should be secured with burglar bars.

 

– Ensure you have the best perimeter protection you can afford, such as high walling and electric fencing. Security systems such as beams and alarm systems are recommended to provide an early warning of a security breach. These systems should be backed up with armed response.

 

IN YOUR CAR

 

– Use a GPS to avoid getting lost and becoming an easy target.

 

– Always let a friend, work colleague or family member know where you are, where you are going and when you have arrived at your destination.

 

– Always be aware of your surroundings and look out for anything suspicious.

 

– Limit distractions, such as checking or talking on your cellphone, when walking to or from your car.

 

– Avoid driving with windows open, keep the doors locked and put valuables out of sight. Install smash-and-grab window protection if possible.

 

– If you suspect you are being followed, make a couple of false turns. If someone is still following you, drive to the nearest police station.

 

– Leave enough room between you and the car in front of you to avoid being boxed in.

 

– Slow down in such a way that the light is green by the time you reach a traffic light, especially late at night. This prevents you from coming to a complete stop and reduces your risk of becoming a target.

 

– Always park in a safe, well-lit area.

 

– Many hijackings happen just as you are entering or leaving your home. Having a well-lit, shrub-free driveway and an electric gate (that can switch to a battery during power failures) can help you get in and out safely. Use the remote to close the gate behind you, rather than waiting for the self-timer. This limits a criminal’s window of opportunity.

 

OUT AND ABOUT

 

– Watch what you drink, be mindful of how much you drink and don’t allow alcohol to cloud your judgement.

 

– Watch your drink. Be weary of drinking anything that you have not poured yourself or watched someone pour for you. Also, never leave your drink unattended. Drink-spiking is a reality.

 

– Stick with your crowd. There is safety in numbers so try to stick with a group of people you know.

 

アットホーム

– あなたのホームセキュリティの潜在的な弱点を探します。すべてのドアは、セキュリティゲートを装備する必要がありますし、窓は防犯バーで保護されている必要があります。

– あなたがそのような高い壁や電気フェンシングなど、あなたが余裕ができる最高の境界線の保護を持っていることを確認してください。梁や警報システムなどのセキュリティシステムは、セキュリティ違反の早期警告を提供することをお勧めします。これらのシステムは、武装した対応でバックアップされている必要があります。

車の中で

– GPSを使用して、迷子にならないようにしましょう。

– 友人や職場の同僚、家族には、自分がどこにいるのか、どこへ行くのか、目的地にいつ到着したのかを常に知らせておきましょう。

– 常に周囲に気を配り、不審なものがないかどうかを確認してください。

– 車での行き帰りの移動中は、携帯電話のチェックや通話など、気が散るようなことは極力控えましょう。

– 窓を開けたままの運転は避け、ドアには鍵をかけ、貴重品は見えないようにしましょう。可能であれば、窓ガラスの保護装置を設置してください。

– 尾行されていると思われる場合は、何度か曲がるようにしてください。それでも尾行されている場合は、最寄りの警察署まで車で移動してください。

– 自分と前の車との間には十分なスペースを空けて、囲まれないようにしてください。

– 信号機に到達するまでに信号が緑色になるようにスピードを落としてください。そうすることで、完全に停止することを防ぎ、標的にされるリスクを減らすことができます。

– 常に安全で明るい場所に駐車するようにしましょう。

– ハイジャックの多くは、家に出入りしている最中に起こります。明るくて低木のないドライブウェイと電動ゲート(停電時に電池に切り替わるもの)を設置しておくと、安全に出入りすることができます。セルフタイマーを待つのではなく、リモートを使用して、あなたの後ろにあるゲートを閉じます。これにより、犯罪者がチャンスを逃さないようにすることができます。

外出時の注意点

– お酒の量に気をつけて、アルコールで判断を曇らせないようにしましょう。

– 飲むものに気をつけましょう。自分で注いでいないものや、誰かが注いでくれるのを見ていないものを飲むのは気をつけましょう。また、お酒を飲みっぱなしにしないようにしましょう。飲酒運転は現実のものです。

– 群衆の中にいてください。人数には安全性があるので、知り合いのグループと一緒にいるようにしましょう。

 

Share this post